映画 芸能人

2020年12月公開予定の浜辺美波主演『約束のネバーランド』あらすじ

ママ役に北川景子が決定!
浜辺美波演じるエマらが暮らす孤児院のママ・イザベラ役に。

あと、もう一人
イザベラの手下のクローネを渡辺直美が演じることも決定いたしました。

 

そもそも・・・『約束のネバーランド』とは
白井カイウ(原作)、出水ぽすか(作画)による日本の漫画です。
週刊少年ジャンプにて、2016年から連載を続け、単行本の累計発行部数は2020年2月の時点で1800万部を突破しています。

 

ストーリーのあらすじとしては、孤児院で育てられた子供達の過酷な運命物語!!

孤児が集まる孤児院(グレイス=フィールド(GF)ハウス)で、院のシスターママと慕われるイザベラのもとで幸せに暮らしていたのですが・・・
ここはただの孤児院じゃなかったんです。赤ちゃんの頃に預けられ、教育を教わり6歳から12歳までの間に里親の元へ送り出されると孤児たちは教えられていたのですが、実は、孤児院の子供達は食用にされる話だったのです。

主人公エマは自分達が『鬼』と呼ばれる存在の食料として生まれた『食用人間』であることを知ってしまいます。

そこから、施設(孤児院(グレイス=フィールド(GF)ハウス)からの脱獄計画が始まるのです。なお、原作では孤児たちの年齢は12歳ですが、映画では16歳に引き上げ。

脱獄編、探訪編、猟場編、七つの壁編、王都決戦編と続きます!!

 

食用人間って?めっちゃ怖い話ですね・・・でも気になる漫画です。
実は、映画になる前にテレビ放送されているんですよ!
第1期が、2019年1月11日~3月29日、フジテレビ系列で放送されていました。木曜深夜に!地域によっては曜日時間は違います。
第2期は2020年10月より同じ時間帯で放送予定なんですって。

映画が始まる前に、ちょっと見ておきたい漫画ですね!

あっ、ちなみにAmazonプライム・ビデオでも配信されてました。プライム会員なのでちょっと調べてみたらありました。

 

そうそう、北川景子さんが演じるイザベラなんですが、孤児院で最愛のママとして慕われる反面、実は最上級の食用児を育てる飼育監なんです。もう想像するだけでも恐ろしい人です。そりゃこの作品の世界観を実写化するのは難しいでしょうね。出演を決断するのに時間がかかるのも分かる気がしますね。でもそんな北川景子が見てみたい!!ってファンは思っちゃいますね。

渡辺直美さんが演じるクローネは、イザベラの手下のシスターで、秘かに下克上を狙う存在。原作でも異色のキャラクターとして注目されていたクローネ!楽しみです。

 

主演の浜辺美波さんって、ベストセラー小説『君の膵臓をたべたい』の実写映画で主人公(山内桜良役)を演じた人だったんですね。
約束のネバーランドでもまた話題になりそうですね。

スポンサーリンク




-映画, 芸能人

Copyright© すきなもの、きになるもの , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.